« MGBF 戦国アストレイ頑駄無 | トップページ | Ultra Act ウルトラマンレオ(Ver.2014) »

2014年2月26日 (水)

S.H.モンスターアーツ プレデター・ウルフ

先月のエイリアン・ウォーリアーに続いてのリリースとなる非怪獣系SHMの第二弾は、AVP2に登場する
熟練の狩人にしてイレギュラー駆除や証拠隠滅等の任務を負う事からザ・クリーナー(始末屋)の異名を持つプレデター・ウルフ。

プレデターおなじみの光学迷彩ギミックはさすがに搭載していませんが、可動と多様な付属品・ギミックにより
宇宙の狩人の魅力を存分に楽しめる内容になっています。

 

パッケージ

123

パケはエイリアン・ウォーリアーと同じく和英混在。

4

5月リリースのビッグチャップと商店売りで8月発送予定のプレデター・ウルフ重武装Verの告知チラシが入ってました。
本記事作成現在でまだ魂Web商店に記載が無いのでこのチラシが初出になると思われますが、
重武装版と通常版との違いは、この小さい画像だけだとレイザー・ディスクの付属くらいかな?
通常版付属の装備が削られる予感もありますが、今は情報待ちですな。

 

プレデター・ウルフ

567

パッケージでは素顔のまま梱包されていますが、あえておなじみのフェイスマスク装着頭部に差し替えて紹介。
一部装甲へのダイキャスト使用やドレッドヘア・腰巻への軟質素材使用、緻密なダメージディティールが
施されたマスクや頭蓋骨ネックレスなど、可動や質感も十分に楽しめるようになっています。
背面のプラズマキャノン・バックパック大・短スピアの3点は取り外し可能です。

080910

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首二重・胸・腰・股関節二重・膝二重・足首二重・爪先
上でも触れたドレッドヘアや腰巻への軟質素材使用や、股関節の引き出し機構によりアクション性は高め。
武器を用いた戦闘からリストブレードによる近接格闘まで、さまざまなシーンに対応可能です。

1_22_23_2

差し替え手首は右手が平手・スピア持ち手2種・注射器持ち手・溶解液アンプル及び鞭持ち手、
左手が平手2種にスピア持ち手
付属品はスピア(長短2本)・スラッシャーウィップ(携行用・手持ち)・溶解液アンプル・伸長リストブレード2本・
血液サンプル採取用注射器・交換用頭部・顎差替えパーツとなっています。
短スピアは背中、携行用ウィップは右腰、溶解液アンプルは左脇のホルスターに取付可能となっています。

マスクの脱着は頭部まるごとの交換で再現。素顔ヘッドも生物感溢れる見事な造形ですが、差替えのための分割線が
野暮ったいのと、首を動かす時に頭蓋骨ネックレスに接触してポロリしやすいのが残念なところ。
左右の顎パーツを差替えることで、叫ぶような表情にすることが出来ます。

6_28

プレデター共通の装備である、左前腕のコンピュータガンドレットの蓋開閉や右肩プラズマキャノンの
可動のギミックももちろん搭載しています。

1_32_33_3
4_25_2

付属品でポージング少々。
造形面を優先するための制約はありますが、豊富な付属品を組み替えることで様々なシーン・ポーズに対応可能。
エイリアン・ウォーリアーと絡めるのはもちろん、単体でもなかなかに楽しめる内容になっています。

スラッシャーウィップは鞭部分とグリップ部分の接合部で回転するようになっているので、しなりに若干の
表情付けができるようになっています。鞭部分が軟質素材なのを利用して、温めて変形させることで
しなりに変化を持たせてやるのも面白いかも。

 
 
 
 
 

Photo

来月はいったん一般リリースをお休みして、4月のガイガン・5月のビッグチャップとリリースされるSHM。
商店売りではモスラ成虫とモスラ・バトラ幼虫セットがスタンバイしています。

今回紹介したプレデター・ウルフと死闘を演じた、プレデターの特性を持つエイリアンであるプレデリアンも
リリースされたりするんでしょうかね・・・?

|

« MGBF 戦国アストレイ頑駄無 | トップページ | Ultra Act ウルトラマンレオ(Ver.2014) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/55146865

この記事へのトラックバック一覧です: S.H.モンスターアーツ プレデター・ウルフ :

« MGBF 戦国アストレイ頑駄無 | トップページ | Ultra Act ウルトラマンレオ(Ver.2014) »