« D-arts ノエル=ヴァーミリオン | トップページ | フィギュアライズ6 仮面ライダーファイズ&仮面ライダーカブト »

2014年3月20日 (木)

HGBF ガンダムエクシアダークマター

先週のミスサザビーに続いてのリリースとなる今週のHGBFは、第7回ガンプラバトル選手権世界大会決勝にて
衣替えの上に怪しく光るグラサンかけて登場した三代目メイジン・カワグチが繰り出した、ガンダムエクシアの
改造ガンプラであるエクシアダークマター。

本体自身の付属品を交えた多彩なアクションはもちろん、背面に装備したダークマターブースターの分離・変形も備え
様々な遊び方が可能な、最後の敵に相応しい内容となっています。

 

パッケージ

12
34
5

パケはいつものHGBF装丁。今回もややネタバレ的な内容が含まれております。

 

PPGN-001 ガンダムエクシアダークマター

789

原型機の色相を反転させたような、赤と黒のツートンカラーにGNコンデンサのクリアピンクが光るボディ。
シルエットを大きく変容させているダークマターブースターは分離可能ですが、分離した場所に
本来収まっているはずのGNドライブ直結スラスター部に相当するパーツが存在しないのは、
ランナー構成を踏まえDMブースターを背負わせるために割り切ったのか、そういう設定なのか・・・?

01_22_2

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首二重
HGエクシア系列とほぼ同程度の可動部・可動性となっています。
大腿付け根のところに武装マウント用パーツを取り付けると大腿ロールや股関節周りの可動に
制限が出るのも、フロントスカートは中央で切断することで左右独立化が容易に行えるのも原型機キット同様となっています。

3_24_2

差し替え手首は角度付き持ち手が左右に左平手
付属品はプロミネンスブレイド(クリアオレンジ刃のほう)・ブライニクルブレイド(グレー単色のほう)・ダークマターライフル・
ビーム刃2本・腰部マウント用パーツ2個となっています。

また、分解が必要なため今回は紹介を割愛致しますが、顔面をエクシア風にするパーツで頭部を組み立てることも可能。
こちらを使うと本機の前身となるガンダムアメイジングエクシアに近い形での作成が可能ですが・・・
差分パーツを補充して塗装すればアメイジングエクシアが作れるよ!ということでしょうかね?

Dmb5Dmb6

背面のダークマターブースターは分離、鳥形の支援機へ変形させることが出来るようになっています。

Dmb7Dmb8

底面部のトンガリの先端を外すことでスタンド取付穴露出し、浮遊展示が可能になります。
また、ブースター形態に変形させたあと、内蔵のピンを引き出すことで、背中に単軸受けを持つHGキットに
装着させることが出来るようになります。

192021

付属品でポージング少々。
ダークマターライフルはシールド部の先端付近の穴にビーム刃を取り付け、ビームサーベルとして
使用している状態を再現することが可能。
ダークマターブースター下側のピンクの翼部分は、根元部分から取り外してグリップを引き出すことで
手持ち武器のダークマターブレイドとして使用することが出来ます。
原型機キットから引き継いだ可動性のおかげで、近接格闘主体の機体らしいアクション性は十分に備えています。
あとは、ダークマターブースターが重く後方に倒れやすい点に注意してやれば、安定的な展示が可能かと思われます。

 
 
 
 

Photo

発売直前放送分にてついにお披露目となったクロスボーンガンダム魔王は既にキット化が確定していますが、
同じく大人気なくギャンバルカンを一刀両断した後卍固めで沈んだガンダムフェニーチェ・リナーシタはどうなるんでしょうかね?
本放送もあっという間に残りわずかとなったビルドファイターズ、放送内容にもリリース予定にも
まだまだ目が離せませんぞ!

|

« D-arts ノエル=ヴァーミリオン | トップページ | フィギュアライズ6 仮面ライダーファイズ&仮面ライダーカブト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/55447469

この記事へのトラックバック一覧です: HGBF ガンダムエクシアダークマター:

« D-arts ノエル=ヴァーミリオン | トップページ | フィギュアライズ6 仮面ライダーファイズ&仮面ライダーカブト »