« HGBF グフR35 | トップページ | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカリス »

2014年6月 5日 (木)

BB戦士 ネオ・ジオング

今月のBB戦士は、同日発売となる機動戦士ガンダムUC最終巻にて袖付首魁フル・フロンタルが駆る、
規格外の巨大さを誇る拠点攻略用MA、ネオ・ジオング。
シナンジュに武装外殻ユニットを装着して形成されるというコンセプトをBB戦士のミニサイズでも再現しており、
そのため武者・コマンド・ナイトの系列でないBB戦士では屈指の大ボリュームとなっております。
また、特殊武装であるサイコ・シャードもクリアパーツで2パターン分付属しており、小さいながらも
遊び甲斐のある内容になっています。

 

パッケージ

1_32_3
3_34_35_3

パケは昨今のレギュラーサイズBB・HGの倍以上の厚み、ちょっと分量のあるMG位のサイズになっています。
まぁBBシナンジュ1体に並のHGクラスのボリュームの物体がまるまる一セット付いているので無理もないのですが。

 

MSN-06S シナンジュ

S6S7S8

ネオ・ジオングの核となるシナンジュは、専用バズーカ一丁の追加以外は11年に出たものと同一となっています。

S09S10

可動部位は首・肩・上腕・手首・腰・股関節・足首
基本的には同時期の発売となる三国伝系列に近い可動になっていますが、三国伝では腰の接続と
脚部の接続を兼ねていたポリパーツを首振りに連動したモノアイ可動ギミックに割り当てているため、
股関節回りはちょっとキツい感じです。

また、背面のスラスターユニットおよびプロペラントタンクは根元でボールジョイント可動します。

S1

付属品はビームライフル・グレネード・ビームアックス2本・ビームサーベル1本・シールド・シナンジュ用バズーカ1セット・
ビームアックス用ビーム刃・シールド用アタッチメント・スタンドとなっています。
今回新たに付属することになったシナンジュ用バズーカは、パーツの差替えにより伸縮を再現しています。

また、ネオ・ジオングとの共用に伴う強度の問題からか、シナンジュ単品ではレッドクリアだったスタンドが
黒単色になっています。

S2S3S4
S6_2S7_2S8_2

付属品いろいろポージング。
新規付属のバズーカは、グレネード同様にビームライフル下部やシールド裏面への接続が可能となっています。
また、前述の通りモノは単品版とほぼ変わっていないので、BBオリジナルギミックであるランスモードや
ボウガンモードへの組み替えも可能となっています。

S

BBユニコーンシリーズお約束のビーストモードも、上半身のファルコンと下半身のワイバーンの変形が可能。
バズーカは特段干渉なく取り付けられるので、ワイバーンの強化が可能となっています。

 

ネオ・ジオングへの換装

S0

本体の準備としては、プロペラントタンクを取り外して直立姿勢にさせ、背面スラスターを少し寝かせた状態にします。
付属品はジョイントパーツを全て取っ払ったシールドのみ使います。一応シールド先端にグレネードを付けるように
指示されているのですが、サイコシャードと取り付け部位が被っているので外しています。

S1_2

スタンドの先端部位も、ネオ・ジオング用のジョイントに交換。
直立と前傾の2パターンから選択しての取り付けとなります。

S2_2S3_2

スタンドに土台・背骨部分をセットしたら、土台の中にあるピンがシナンジュ股間のスタンド穴に刺さるように
シナンジュを入れ、足が土台のの中にきちんと納まるように位置を調整。
続いて前面アーマーを取り付けたら、前面装甲に手首が隠れるように腕の位置を調整。
背骨のボールジョイント受けと全面装甲胸元の軸受けの2ヶ所に肩外殻のジョイントが刺さるように、
シナンジュの肩・腕の位置を調整しながら肩外殻を取り付け、背骨にシールドを取り付ければネオ・ジオングの完成。

 

NZ-999 ネオ・ジオング

N4N5

スタンド含めた全高は20cm以上、全幅も14cmという結構なボリューム。
サイズ感は並の1/144と互角以上、小柄なMSの1/100とも十分タッパが揃ってしまうボリュームになっています。
 
なお、残念ながらネオ・ジオングとしてのビーストモードは用意されておりません。

N6N7

メインアームは付け根・肘・手首の3か所が可動。
脚部のシュツルム・ブースターは分離することが可能となっています。
スカート内部のメカディティールも、BBながらサイズの恩恵を受けてしっかり入っています。

N8N9

肩外殻の背中側に備えた2対のサブアームは、手首部分は差替えで収納状態と展開状態を切り替え。
アーム付け根と手首部分はボールジョイント可動、肘に当たる部分は差替え+軸ロール可動になっています。

肩外殻前面の装甲は展開可能。空いた穴にはシナンジュ用バズーカの先端部分のみを取り付けが可能となっています。
本来ならここからにょきっと生えたバズーカ左右2丁をシナンジュの手で直接持って撃つ形になるのですが、
さすがにBBの密度ではそこまで再現は出来なかったようです。
ならせめてバズ先端だけ2個付けて・・・。

N0N1

そして、なぜか弾丸が残っている武器を破壊したり捕獲した相手ごとUC0096未来の旅にご招待する機能を持った
分からん殺し的武装であるサイコ・シェードは、背面に取り付けるタイプと頭上に展開するタイプの2種類が付属。
背面タイプは両肩後とスカート後端の3か所、頭上タイプはシールドの先端に取り付けての固定となります。

 
 
 
 
 

Photo_2

今月末にはこれを遥かに超える、ガンプラ史上最大級の超特大ボリュームで送るHGUCネオジオングが登場することに・・・
BFとUCは今のバンダイの二本柱ってことやなぁ・・・。

BBとしては、LGBBのラインナップでフルアーマー騎士ガンダムがいよいよリリース間近。
HGBF勢(というか戦国アストレイ)と並べてキャロライン機として楽しむことも出来るので、BFファンとしても
見逃せない一品になりそうです。

|

« HGBF グフR35 | トップページ | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/56416267

この記事へのトラックバック一覧です: BB戦士 ネオ・ジオング:

« HGBF グフR35 | トップページ | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカリス »