« LBX アキレス2&エンペラーM3(M5コンバーションモデル) | トップページ | S.H.モンスターアーツ ゴジラ(2014) »

2014年8月30日 (土)

MG Hi-νガンダム Ver.Ka

今月リリースのMGは久々のVer.Kaから、先日Robot魂でもリリースされMGでのリリース歴もあるHi-νガンダム。

先のMG Hi-νが今風にアレンジされていたのに対し、今回のは露出当時のデザイン寄りの仕上げとなっており
かつ新規ギミックも盛り込まれた意欲作。
νガンダム系列機の代名詞であるフィンファンネルももちろん差替え無しで収納・変形が可能、
さらには本体と合わせて浮遊展示が可能なスタンドも付属した、見て楽しいいじって楽しい内容になっています。

 

パッケージ

123

Ver.Ka共通の、白地のシンプルなパッケージ。
以前のHi-νが横長特大サイズであったのに対し、今回は厚みのある大判サイズとなっています。

 

RX-93-ν2 Hi-νガンダム

45

すらっとしたフォルムに賛否が分かれた以前のHi-νとは異なり、逆襲のシャア・ベルトーチカチルドレンでの
露出当時の画稿に近い太ましいフォルムに仕上がった今作。
根本から見直される形となったため、以前のHi-νからの流用パーツはスタンド土台以外一切なし。

バックパックに繋がる6基のフィンファンネルに施されたグラデーション塗装は、付属の水転写デカールによるもの。
この塗装表現のほか、100種類近い様々なマーキングが水転写デカールとして付属しています。

バックパックにはファンネル6基・コンテナ2個・プロペラントタンク2個・大型スタビライザーと繋がっていて
重量があるため、背中に仰け反り防止用ストッパーが施されていたり、付属スタンドが立ち姿様に
換装できたりと、立たせての展示にも配慮されています。
・・・プロペラントタンクを支えにしてしまうのが一番早いのですが。

678

可動部位は首二重・肩三重・上腕ロール・肘二重・手首二重・五指・胸・腰・股関節・大腿ロール・
膝二重・足首三重・爪先
肩部は関節軸が完全に胴体から飛び出るほどの引き出し機構により、かなりの柔軟性を確保している反面、
首回りや足首周りに形状的な制約がかかっているのが痛しかゆしと言ったところ。

0910

付属品はビームライフル・ニューハイパーバズーカ・シールド・ビーム刃2本・ビームサーベル柄3つ(本体に収納)・
スタンド一式となっています。

ハイパーバズーカには伸縮ギミックを搭載。
シールドは取り付け部が二箇所可動するようになっています。

スタンドは支柱に組替式のアームを取り付けることで、本体と同時にフィンファンネルを浮遊させた状態で
展示することが可能となります。
また、先述の通り、支柱の一部を差替えることで立ち姿の補助スタンドとして使う事も出来ます。

1_20

胸部コクピットハッチはシャッターのみの開閉とハッチ全体の開閉両方が可能。1/100アムロフィギュアも付属します。

爪先・踵のスパイクの引き出しギミックが、地味ながら備わっています。

2_23_24_2

左腕にはビームサーベル収納、右腕にはビームガトリングガン露出ギミックを搭載。
また、収納したビームサーベル柄とガトリングガンの砲門にビーム刃を取り付け、ユニコーンさながらの
ビームトンファー状態にすることも可能です。

5_2

ビームサーベルの柄はファンネルコンテナ上部にも収納可能です。

6_27_2

バックパックはファンネルコンテナ・プロペラントタンク・スタビライザーの各付け根で角度調整が可能。
フィンファンネルの接続部も3つ独立して可動します。

バックパック中央からマウントラックを引き出すことで、短くしたニューハイパーバズーカを
セットすることが出来るようになります。

8_29

Ver.Kaオリジナルギミックとして、肩・フロントスカート・リアスカート・脹脛のブースターを展開するギミックを搭載。
また、肩アーマーの下半分の白い部分は、軽く下に引き出すことで外向きに開くことができるようになり、
肩アーマーの位置を維持しつつ腕を動かす際に役立ってくれます。

2_3

また、プラモとしてのギミックとして、胴体内にガンプラ用LEDユニットを組み込むことで
頭部を発光させることが出来るようになっています。

1_33_34_3

付属品でポージング少々。
手持ち武器は武器側と手のひらの双方から平ピンを刺しあう形で固定して持たせる形になるため保持力は抜群。
ファンネルを浮遊展示させるためスタンドに接続するアームは、差し替えと先端部ボールジョイント可動により
様々な表情付けを行う事が可能となっています。
最近だとターンXのオールレンジ攻撃展示と同じ要領ですな。

 
 
 
 
 

Photo

Hi-νの好敵手となるナイチンゲールも、マイナーMSやMG規格での立体化が難しかった機体を専門とする
1/100サイズ新ブランド「RE/100」にてついに登場。
RE/100では続くラインナップにガンダムMk3やGP04ガーベラのリリースも告知されており、RE/100ならやってくれるのではと
新たな希望を見出すマイナー機ファン続出の模様。

一方のMGそのものでは、アストレイ ブルーフレームの新型が出るとか何とか。
個人的には、放送開始が迫るBFトライからのリリースにも注目したいところです。

|

« LBX アキレス2&エンペラーM3(M5コンバーションモデル) | トップページ | S.H.モンスターアーツ ゴジラ(2014) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/57224564

この記事へのトラックバック一覧です: MG Hi-νガンダム Ver.Ka:

« LBX アキレス2&エンペラーM3(M5コンバーションモデル) | トップページ | S.H.モンスターアーツ ゴジラ(2014) »