« ねんどろいど ギルガメッシュ | トップページ | ラブライブ!School Idol Paradise 初回限定版付属ねんどろいどぷち μ's »

2014年8月28日 (木)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼

今月の最後の〆にリリースされたSHFは、「真骨彫」シリーズ第二弾にしてSHF初リリースとなる、仮面ライダー響鬼。
造型美と可動性を高い次元で両立させる「真骨彫」手法は前作となるカブトで高い評価を得ており、
今回の響鬼に対してもかなりの期待が寄せられていましたが、それに見事応えてくれる見事な出来栄え。

流石にコスト面の都合からかマジョーラカラーは使用されていませんが、それでもカラーリングと肉体美の双方がもたらす
響鬼特有の美しさ損なうことなく、かつSHFが培ってきた可動技術も盛り込まれ、見て楽しむ・動かして楽しむの二つが
高次元で融合した内容となっています。

 

パッケージ

123

カブト同様の、ちょっと小洒落た感じの真骨頂パッケージ。
コンセプトブックは今回も付属しており、中の記載によれば「背中で語る造形」「肩甲骨に腕との連動可動」
「本作用に新たなメタリックパープルを開発」の三点が特にこだわったポイントとのことです。

 

仮面ライダー響鬼

45

全身の大部分を占める新開発メタリックパープルの濃淡差が生み出す質感と引き締まった筋肉を表現するディティール、
細やかなところまでしっかり施された塗装と、外観の美しさはかなりのもの。

678

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘二重・前腕ロール・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・
膝二重・足首三重・爪先
造型と両立させても、昨今のSHF標準以上に良く動いてくれます。
コンセプトブックにもあった肩甲骨の前後スイングと連動した可動や、股関節の関節カバー部が
脚部可動に合わせて動くことで関節が目立たないようにする配慮など、ポーズを取らせたときの見栄えにも
配慮されているのが伺えます。

まぁ場所が場所だけに、肩甲骨可動はあまり目立たないのですが・・・。

901_2

差し替え手首は平手・持ち手・ポーズが左右に、音叉持ち右手とディスク持ち左手
付属品は音撃棒・烈火、変身音叉 音角、ディスクアニマル3枚(アカネタカ・ルリオオカミ・リョクオオザル)・
音撃棒エフェクト2個・ベルト周り用差し替えパーツ一式となっています。

ベルトパーツは差し替えることにより音叉・ディスク・音撃棒の有無を選択することが出来るようになっています。
音叉・ディスクをアリの状態にすると大腿可動に被るので、取扱いに注意したいところ。

ベルトのバックルに据えられた音撃鼓は脱着可能。外した後のベルトの紋様や音撃鼓裏面にも
抜かりなくディティールが施されています。

当然ながらディスクアニマルは変形不可のディスク形態のみ。
音叉も非変形でディスクのセットも出来ません。
この辺はサイズ的にしょうがないですね。

3_22_24_2

付属品でポージング少々。
音撃棒のエフェクトは先端部分を交換しての取り付け。炎がたなびく向きを軸回転で調整できるので
ポーズに合わせた燃え方をさせてやることが出来ます。

とにかく見てるだけでも溜息がこぼれる程のものを自由自在に動かして好みのポーズで飾れる、ということが
どれだけ楽しい事か、というのが改めて分かる見事な内容。
なんかもうベタ誉めしちゃってますが、現物はそれだけのものなんですわ・・・。

 
 
 
 
 

Photo

来月は一挙6点が怒涛のリリース。また商店売りでも多数の新商品リリースが報じられたばかりで
実に取捨選択が悩ましい攻勢をかけて来ています。
しかしながら真骨彫の第三弾があるのかはいまだ不明。入魂の一品ということもありス頻繁には
出せないものとは思うのですが、次作もきっと素晴らしい内容になると思って続報を待つことにしましょう。

|

« ねんどろいど ギルガメッシュ | トップページ | ラブライブ!School Idol Paradise 初回限定版付属ねんどろいどぷち μ's »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/57210280

この記事へのトラックバック一覧です: S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼:

« ねんどろいど ギルガメッシュ | トップページ | ラブライブ!School Idol Paradise 初回限定版付属ねんどろいどぷち μ's »