« HGRG グリモア | トップページ | Robot魂 空神丸 »

2014年10月28日 (火)

A.G.P. 大和

オンナノコ系クロスアップトイの急先鋒たるAGPの新シリーズは、オープンより1年半経った今なお高い人気を持つ
ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」。
数多いる艦娘からAGP艦これシリーズ第一弾として選ばれたのは、昨年8月のイベントでのお披露目以降、
提督たちの憧れの的にして最大戦力艦隊の中核として頼れる存在である、旧海軍最終最後の秘蔵っ子シリーズ一番艦、戦艦大和。

艦娘の「娘」部分の再現度もさることながら、「艦」部分の再現度は圧巻の一言。
「娘」の可動と「艦」のギミックの合わせ技で、思う存分艦娘・大和の魅力を堪能できる一品となっています。

 

パッケージ

12
345

シックな色合いの横長装丁に、金の箔押しによる「大和」が照り輝くパッケージとなっています。

 

大和型戦艦一番艦 戦艦大和

678

まずは「娘」の部分からご紹介。
長いポニーテールに艤装を元にした装飾類、胸部に据えられた九一式徹甲弾など、大和の特徴をしっかり再現しつつ
スカート内の肉感的な盛り具合なんかも備わっております。
両太ももに据えられた弾丸は取り外しできませんので御注意を。

なお、九一式徹甲弾ともみあげが干渉し、気付くと前髪パーツがポロリしていることがあるので御注意下さい。

091011

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首三重
素体としての可動性はIS勢と大差ないものとなっています。
また、ポニテも付け根の可動ジョイント接続により動かしてやることができます。

2_23_24_2

差し替え手首は握り(デフォ取付)・平手・開き手・持ち手・角度付き持ち手・弾丸掴みが左右
差し換え表情は左目線微笑み、正面叫び、恥じらい顔(中・大破イラストの表情)
付属品は傘、艤装ジョイント腰パーツ、艤装留め具パーツ、艤装一式、スタンドとなります。

艤装は右・左・背中の3パーツで構成されたものを繋ぎ、スタンドの主支柱に固定して保持することになります。
一般的なスタンド支柱も2本用意されていて、「娘」だけで飾る場合や左右の艤装を下から支えるのに使います。

15

艤装ジョイントパーツと留め具パーツを使用することで、艤装なしで腰パーツを取り付けた状態にもできるようになっています。

 

6_27_2

艤装を装着させてやるとこんな感じに。
さすがに艤装が重すぎるので、スタンドなしでの自立は不可能。
やや腰を落として背面艤装の大和砲を支えにしてやれば立てないことはないですが、支えにする大和砲の砲身に
負荷がかかって曲がりやしないかというのが心配です。

181920

フル装備状態でポージング少々。
両サイド及び背面の艤装に取り付けられた46cm三連装砲(通称大和砲)は二軸可動で砲身の向きを自在に変えることが可能。
左右艤装の先端に2門ずつ据えられた15.5cm三連装副砲には砲塔旋回のギミックあり。
三連装砲・三連装副砲とも、3つの砲身はそれぞれ独立して仰角の調整が可能となっています。

両側艤装と背面艤装を繋ぐアームは3か所の可動部を備え、ポージングに合わせた表情付けが出来るほか
本体に引き寄せて防御だったり全砲門正面一斉掃射だったりといった位置に配置してやることも出来ます。

 

ところで、改めて立体化したものをみるにつけ、背面の大和砲どうやって使うんだろうという疑問が・・・
曲射するにも限度があるし、νガンダムのハイパーバズーカ的に後方宙返りしながら、とか・・・?

 
 
 
 
 
 

Photo

AGP艦これシリーズ、続いては1月に「ぱんぱかぱーん!」のフレーズでおなじみ、プレイ初期から提督を支えてくれる
頼れる重巡・愛宕がリリース。同型艦となる高尾も商店売りの限定品ですがリリース確定。
第四弾として、大和型二番艦・武蔵がリリースされるらしいという噂もありますが、さてどうなるか・・・。

艦これアクションフィギュア化は、今回のAGPやfigmaを始めとする多数のブランドからリリース予定がありますが、
どこまでシリーズが充実するのか、そしてお気に入り艦隊が卓上再現できる日が来るのか・・・続報を首を長くして待つことにしましょう。

|

« HGRG グリモア | トップページ | Robot魂 空神丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/57814284

この記事へのトラックバック一覧です: A.G.P. 大和:

« HGRG グリモア | トップページ | Robot魂 空神丸 »