« HGRG ガンダムG‐セルフ(大気圏内パック装備型) & HGBF ガンダムフェニーチェ リナーシタ | トップページ | BB戦士 レジェンドBB 二代目頑駄無大将軍 »

2014年10月10日 (金)

HGBF ビルドバーニングガンダム・パワードジムカーディガン& HGBC パワードアームズパワーダー

ついに放送開始となった待望のBF第二期シリーズ「ビルドファイターズ トライ」。
その第一回放送の翌日というジャストタイミングもいいところな日に発売となったHGBFトライ第一弾は2点+α。
トロフィーの土台の中のドムの中に隠されていた、トライ主役カミキ・セカイが駆るビルドバーニングガンダムと
聖鳳学園ガンダムバトル部部長ホシノ・フミナの一作、パワードジムカーディガンの1話活躍コンビがリリース。
そしてトライでもビルドカスタム出していくよ!ってなもんで、フレキシブルアームと火器武装を組み合わせた
パワードアームズパワーダーなるウェポンセットも同時発売。

来週からのトライ視聴の御伴に絶対手元に置いておきたい、良く出来た内容となっています。

 

パッケージ

12
345

パッケージの装丁は、番組ロゴと商品名手前の6角形マークの色以外は1期と共通となっています。

678

ビルドカスタムもパケ装丁に大きな変化はないようですな。

 

BG-011B ビルドバーニングガンダム

B09B10

バックパックもないシンプルなボディラインが逆に格闘家らしい引き締まったボディラインを生み出しているビルドバーニングガンダム。
久々の完全新規造型となっています。

なお、本機の原型機は現時点では不明となっておりまして、格闘機体であり米国内での機体名がバーニングガンダムである
ゴッドガンダムが原型機ではないかと目されてもいましたが、「バーニング」が被ったのは偶然だそうです。

B1B2B3

可動部位は首二重・肩三重・上腕ロール・肘二重・手首・手首スナップ・胸・腰・股関節二重・
大腿ロール・膝二重・足首三重
肩部分が胴体側の引き出しに腕の接続部での二重可動、よく曲がる足首、球体系の腹が生み出す
腹部の柔軟な可動など、格闘機体らしい可動性が思う存分楽しめる内容になっています。
が、肩が抜けやすいのが困りどころでもあります。

B4

差し替え手首は平手・貫手・持ち手・発光(エフェクト取付用)手首が左右
付属品はスーパーモード(仮称)時用差し替えクリスタルパーツ、バックパック用炎エフェクト、
パンチエフェクト2個、キックエフェクト1個、エフェクト用追加パーツが大中小各4個ずつ、オマケのジョイント1個となっています。
差し替え手首について、握り・平手・貫手についてはスナップ可動が備わっています。

バックパック炎エフェクトは二箇所で捻る事が出来るようになっているほか、ジョイントパーツを付けることで
取り付け角度を変えることが出来るようになっており、ポーズに合わせた演出が可能。

パンチエフェクトは専用手首に、キックエフェクトは足に直接取付にて使用。
追加パーツを最大4つまで取り付けることで、炎が尾を引く様子をさらに演出できるようになっています。

B5B6B7

付属品を使ってポージング少々。
かなり動いてくれる上、迫力のあるエフェクトも備わっているので、弄って楽しい・見て楽しいを
とことん楽しめるコストパフォーマンス抜群の内容になっています。

 

RGM-237C パワードジムカーディガン/パワードアームズパワーダー

G18G19G20

唯でさえ重装甲気味のパワードジムにさらに重ね着の如く装甲を追加したからカーディガン、ってな感じの
重厚感溢れるパワードジムカーディガン。
大型ライフル・シールドを各2個のフル装備させると後方過重量気味なので、転倒には要注意。

G1G2G3

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・手首スナップ(左平手のみ)・腰・股関節・膝二重・足首二重・爪先
流石に06年発売のキットを元にしていることもあり、昨今の新作と比べると若干可動に難アリではありますが
いろいろ取り付けるとバックパックの重量がけっこうなことになることを考えると、逆にこのくらいの可動の方が安定するとも考えられるかな?

G4G5G6

差し替え手首は右銃持ち手のみ。左手は本体取付の平手1個のみとなっています。
付属品はビームマシンガン・ビームサーベル2本(肩にマウント)・ビーム刃2本・大型ライフル2個・
フレキシブルアーム長短2本ずつとなっています。

ほぼ共用の装備となるパワーアームズパワーダーの内容は
火器ユニット2個、大型ライフルユニット2個、ガトリングユニット2個、ミサイル2個、バックパック、
フレキシブルアーム長短2本ずつ、ガトリングガン2個、ビームマシンガン1個
となっています。
フレキシブルアームは分解も可能で、バラしてジョイントとして使う事も出来ます。

火器ユニットに各ユニットを取り付けることで3パターンの火器装備を作成可能。
バックパックにアームやらユニットを取り付けることで、即席のウェポンパックを作成することが出来るようになっています。

G7G8G9

付属品とパワーダー追加などしてポージング少々。
本体はあまり大きく動かせないものの、フレキシブルアームの活用により多様なポージング演出に対応できるのが
本品の最大のウリとなっております。
パワーダーも下記追加パックとしての活用だけでなく、フレキシブルアームを使った武装追加や
過去のビルドカスタムやキャンペーン景品との組合せも楽しめます。

 
 
 
 
 

Photo

BFトライからは今のところ、チナの弟ユウマ作のライトニングカスタム(変形可能になる専用カスタムパック別売)、
フミナが今後作成するBB戦士のウイニングガンダム、セカイの姉ミライ作のベアッガイF(ファミリー)、
ヒョロい兄とは対照的に逞しく成長したサザキ君の妹が作ったR・ギャギャといった機体がリリース予定なんだとか。
また、BB戦士ビルドバーニングガンダムはHGBF版と手首の共用が可能になるようなので、こちらも楽しみですな。

 

さて・・・トライではどのくらい買い込むことになるんだろう・・・

|

« HGRG ガンダムG‐セルフ(大気圏内パック装備型) & HGBF ガンダムフェニーチェ リナーシタ | トップページ | BB戦士 レジェンドBB 二代目頑駄無大将軍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/57629247

この記事へのトラックバック一覧です: HGBF ビルドバーニングガンダム・パワードジムカーディガン& HGBC パワードアームズパワーダー:

« HGRG ガンダムG‐セルフ(大気圏内パック装備型) & HGBF ガンダムフェニーチェ リナーシタ | トップページ | BB戦士 レジェンドBB 二代目頑駄無大将軍 »