« HGBF ビルドバーニングガンダム・パワードジムカーディガン& HGBC パワードアームズパワーダー | トップページ | S.H.フィギュアーツ メガバシャーモ »

2014年10月16日 (木)

BB戦士 レジェンドBB 二代目頑駄無大将軍

久々のご紹介となるLBGGは、SD戦国伝各シリーズのキーパーソンにして象徴的存在である大将軍がついに登場。
最初の登場となったのは、シリーズ最初の大将軍でもある二代目大将軍。

LGBBの可動性と豪華二代目大将軍を踏襲したギミックが組み合わさった上に、出世する前の姿である
雷凰頑駄無にもすることが出来る、遊び応えのある内容となっています。

 

パッケージ

12
345

パケは大将軍だから特別ということもなく、LGBB標準装丁となっています。
なお、ホビーサイト内のBB戦士特設コーナーにて、今回の説明書の漫画の前部分にあたる話が
期間限定で掲載されておりますので、併せてそちらも見ておくと宜しいかと。

 

二代目頑駄無大将軍/雷凰頑駄無

678

一切無装備の軽装モードは、ほぼ真っ白。

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節・足首
素体としての可動性は他のLGBBと同様ではありますが、兜をかぶると大き目の肩と兜が干渉してしまうのが困ったところ。

0910

差し替え手首は今回は無し。
付属品は雷凰頑駄無が装備する緋天の鎧一式、大将軍にて装備する光凰の鎧一式、日輪剣(鞘から抜刀可)、
軍配、バトルマスク、フェニックスとなっています。

今回は余剰パーツを少しでも削る為か、兜はフロント部分のみを差替えて雷凰用と大将軍用の切り替えを行い、
雷凰の肩アーマーが大将軍での具足になるようになっています。

11128_2

付属品2枚目のパーツを組み合わせて武者フェニックスを組むことが出来るようになっている他、
大将軍を組み上げた後のボーガンと羽根を組み合わせてフェニックスを組み立てることも出来ます。

R3R4R5

緋天の鎧と日輪剣を装備させた雷凰頑駄無。BB戦士としての立体化は初となります。
前立てと肩鎧の金メッキがきらりと輝く、シンプルながらも見るべきところのある仕上がりとなっています。

D6D7

続いて二代目大将軍は、メッキパーツが全身に散りばめられた絢爛仕様。
大将軍のお約束となるバトルマスクも着脱可能です。
大目牙砲によりやや後方にバランスを崩しやすいので、若干前側に倒してやると安定します。

D19D20D21

付属品・ギミックを使ってポージング少々。
大将軍の肩鎧はバックパックに繋がっており、内側に十分なスペースが確保されている他前垂れの可動ギミックもあり
腕の可動に影響が出ないようになっています。

かつての豪華二代目大将軍には軍配に武者頑駄無達七人衆の兜飾りを装着出来るギミックが備わっていましたが
今回そのギミックはオミットされています。

大目牙砲は兜飾りと干渉する事無く前方に砲門を向けることが可能。
豪華二代目大将軍の頭部に仕込まれていたヘッドバスターも、スプリングギミックはないものの
砲門はしっかり兜飾りを取り付ける穴の上に仕込まれています。

D2D3D4

フェニックスのパーツを加えて組み替えることで、武者フォートレスへの変身も再現可能となっています。

 
 
 
 
 
 

Photo

続くLGBBとしては、號斗丸の兄である武者飛駆鳥頑駄無が登場予定。メタルガルーダも付属するようで
天来変幻のギミックも再現できそうですが・・・当時品のようなフル金メッキではないんだろうなぁ・・・。

BB戦士としては、ウイニングガンダムやビルドバーニングガンダムのリリース予定が上がっているところ。
BFトライのOP映像にて、ウイニングガンダムには飛行形態への変形だけでなく、ナックル形態に変形して
ビルドバーニングガンダムが装備する様子が描かれおりまして、BB戦士とHGのブランド跨ぎ合体ギミックの実装に
期待がかかるところです。

|

« HGBF ビルドバーニングガンダム・パワードジムカーディガン& HGBC パワードアームズパワーダー | トップページ | S.H.フィギュアーツ メガバシャーモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/57694593

この記事へのトラックバック一覧です: BB戦士 レジェンドBB 二代目頑駄無大将軍:

« HGBF ビルドバーニングガンダム・パワードジムカーディガン& HGBC パワードアームズパワーダー | トップページ | S.H.フィギュアーツ メガバシャーモ »