« S.H.フィギュアーツ メガバシャーモ | トップページ | Ultra Act ウルトラマンメビウス(2014) »

2014年10月23日 (木)

聖闘士聖衣伝説 ジェミニ サガ

フルCG映画として14年初夏に劇場公開された「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」に登場する、
フルCGだからこそ描けた緻密で多彩なディティールを施された聖衣を纏う聖闘士達を立体化するべく
新たにつくられたマイスの兄弟ブランド、それが聖闘士聖衣伝説(セイントクロスレジェンド)。
その第一弾に登場するのは、12宮の最後に立ちはだかる巨悪、双子座のサガ。

善悪二面性を持つサガの性質を隠そうともしない左右非対称のデザイン・カラーリングを作中さながらに再現しつつ
聖衣脱着は不可ながらもダイキャストパーツ・メッキの大量使用や重厚な鎧を身に付けつつも十分な可動を確保するという
神話シリーズのコンセプトも受け継いだ、星矢フィギュアの新機軸と言えるアイテムとなっています。

 

パッケージ

123
41_2

パケは聖衣脱着がないので神話シリーズとはサイズも装丁もまるで違う、どちらかというとSIC等に近い方向性の
テッカテカ仕上げのパッケージとなっています。

また、今回は新ブランド設立記念として、LOS版サガをイメージした二色カラーを施した特別バージョンの
神話EXサガを早期購入できるチケットが封入されておりまして、魂Webサイト内の特設ページにて
チケット記載のパスコードを入力することで早期購入できるようになるとのこと。

なお、この特別カラー版神話EXサガ、早期購入権での受注状況が悪い場合は後の販売を見合わせる可能性が
チケットにも記載されております。伝説サガを買わずに特別カラー版サガが欲しい人は、それなりの早期受注が
集まることを期待しましょう・・・。

 

双子座 サガ

56

本編の聖衣より、格段に重厚感とディティールが増しているLOS版黄金聖衣を見事に再現。
ダイキャストの重み、メッキとクリアパーツが生み出す質感表現がなるほど神話の直系シリーズかと思わせてくれます。

肩アーマー後ろと背中から伸びているマントは硬質製で脱着不可。
微妙に扱い辛いので、外せるようにして欲しかったなぁ・・・。

789

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
可動性は概ね神話EXで聖衣を装着した状態を想定していただければ宜しいかと。
肩アーマー・スカートアーマーの接続は神話EXの方式を採用しており、多重関節により動かすことで
各所可動の妨げにならないようになっているほか、肩アーマーは前・後・側面が開くようになっており
腕部可動の阻害にならないようになっています。

0

差し替え手首は平手・構え・開き手が左右
差し換え表情は正面叫び
付属品はメット・フルフェイスモード用差し替えフェイスパーツとなっています。
なお、フルフェイス用フェイスもメットなしでの使用が可能です。
メットを装着させるときは、左右に分割して頭部の芯になるパーツとフェイスパーツのコメカミにあるミゾに
はめ込む形で、頭部を挟み込む形で取り付けます。

1_32_23_2

付属品でポージング少々。
脱着出来ない硬質マントのせいで低い姿勢のポージングが苦手ではありますが、それでもマイスに求めてきた程度には
動いてくれます。
折角聖衣脱着をオミットしたんだから、それ相応の可動を見せてくれても良かったのではないかと思う部分もありますが・・・。

 

4_2

ちなみに神話EXサガ両名と並べるとこんな感じ。
神話EXアルデバランに匹敵するデカさを持っています。

 
 
 
 

Photo

続いてはどうやらアイオロスが出るそうですが・・・その後シリーズ続くのかがすごい心配です。

本家神話では冥闘士がWeb限定で順調に進む中、黄金ラストランとなるカミュに続くEXで黄金冥衣デスマスクが
リリースされるとのこと。次にEXが目指すのは黄金冥衣軍団全員集合でしょうかね?

|

« S.H.フィギュアーツ メガバシャーモ | トップページ | Ultra Act ウルトラマンメビウス(2014) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/57766163

この記事へのトラックバック一覧です: 聖闘士聖衣伝説 ジェミニ サガ:

« S.H.フィギュアーツ メガバシャーモ | トップページ | Ultra Act ウルトラマンメビウス(2014) »