« figma 天津風 | トップページ | DX超合金 VF-19 ADVANCE »

2015年5月 1日 (金)

GSA フルアクションモデル チェインバー

半年ぶりの更新2本目は、続編映画後編も公開、「第三次スーパーロボット大戦Z 天獄編」への参戦でも話題となった
「翠星のガルガンティア」に登場する、主人公レドの相棒にして愛機チェインバー。
グッスマの高い造形技術を以てメカに挑戦するという新ブランド「Good Smile Arms」略してGSAの第一弾として
リリースされることとなった本作、謳い文句に違わぬ高い造形技術と高精度の印刷・塗装がもたらす情報量が
20cmの迫力あるボディと相まって、出来栄えは秀逸の一言。
少々値が張るアイテムではありますが、後悔させない逸品となっています。

 

パッケージ

1_32_33_3

幅と高さが約33cm、奥行き約15cmというかなり大型なパッケージに収まっていますが、箱自体の情報量は少な目。
中の台紙は洋上に浮かぶガルガンティア船団。収納ケースの背景にしても面白そうですな。

 

マシンキャリバー K-6821 チェインバー

4_35_2

曲線主体の独特なフォルムを見事に再現しているだけでなく、カラーリングや全身各所のマーキングまで原作通りに
施されており、さながら画面から出てきたかのような印象を与えてくれます。

6_27_28_2

可動部位は首二重・首付け根・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首二重・胸・腹ロール・腰・股関節・膝二重・爪先二重・踵
首は頭側に引き出し関節があり仰ぎや見下ろしにもしっかり対応。
一般的な人間・人型ロボであれば足首にあたる部位には可動部がないので要注意。立たせるときには
ボールジョイント接続の爪先と踵を動かして接地させることになります。
肩アーマーから生える3枚のフィンがヒゲや背中のパーツと干渉するので、腕を動かす時には特に注意が必要。
肩アーマーは上腕側に接続されているので、一度外側に動かしてやって肩回りの鑑賞材料を減らした上で
ポーズを決めて肩アーマーを被せる、という手順で触れば干渉の心配も減るかと。

0910

差し替え手首は平手・開き手・持ち手・銃持ち手が左右
付属品は重力操作飛行エフェクト・ピニオンハルバード・ビームライフル・ガトリングガン・ミサイルランチャー左右・
専用スタンドとなっています。
なお、梱包時にスタンドや説明書が入っている袋はジッパー付なので、これをそのまま手首等を収納する袋に
転用することもできます。流石にハルバードは入りませんが。

スタンドは3か所で可動し、根元は土台への差し込み軸での回転と、支柱取り付け部の取り付け角度の変更による
角度調整ができるようになっています。根元は軸可動ではないので御注意を。
本体腰背面のパーツを外して開いた穴に支柱の取り付け軸を刺しこんで固定します。

1_42_4

頭部コクピット部はハッチ開閉及び分離が可能。
ハッチの内部はシートとコンソールの簡易パーツを開封後取り付ける形になっていますが・・・
外見がすごく良く劇中でもコクピット内部の様子は度々移されていただけに、コクピット開けても
何も見るべきところがないというのは結構悲しいものが・・・。
ハッチを開ける時は、蓋をすこし開ける→蓋を手前に少し引く→少し開ける→ハッチ後端がオレンジ部分の
上に乗るようにすこしたわませてさらにハッチを開ける、とやると90度まで開きます。

3_44_4

重力操作飛行エフェクトは背中中央のポットにあるオレンジと白のパーツ部分を差替えての取り付け。
エフェクト支柱に可動軸があり、エフェクトの角度を調整できるようになっています。

5_36_37_3

船団を脱したピニオンらと海底のクジライカの巣を探索した際に使用したピニオンランサーと
ストライカーとの戦いで使用した追加武装が付属。
ピニオンランサーには原作では先端部のワイヤー射出ギミックが備わっていますが、今回はそれは無し。
決戦用追加武装のほうも特段ギミックは備わっていません。
ミサイルランチャーの取り付けは、コンテナ部とバンドを分離→バンドを前後に分割→軸が外側に来るように
脛にバンドを取り付け→コンテナ部を取り付け、という手順となります。

 
 
 
 
 

Photo_2

かなり値が張るだけに手の出しにくいアイテムですが、ハイレベルな一品で開けて弄ればこの額も妥当かと
思わせてくれる内容ではあるので、買えるうちにご検討あれ。

GSA第二弾として、原作漫画だけでなく艦これとのコラボやTV・劇場版アニメなど幅広いメディア展開を見せる
「蒼き鋼のアルペジオ」より、群像・イオナら主役チームの主力艦イ401がリリースされるとのこと。
今作同様の緻密なディティールもさることながら、最大のウリとして一部差替えによる超重力砲発射形態への
変形ギミックを備えているとのことで、戦艦フリークはもとより変形にロマンを求める層にも需要のありそうな
面白い一品になりそうですな。

|

« figma 天津風 | トップページ | DX超合金 VF-19 ADVANCE »

コメント

遅ればせながら
レビュー再開お待ちしておりました
今後も寄らさせていただきます

投稿: 名無し | 2015年5月28日 (木) 18時31分

こんにちは&はじめまして。
速度の早い情報と正確なトイレビュー、毎回参考にさせていただいております。
自分もこの商品を予約しておりまして本日ショップから発送通知メールが届きました。
到着は明日か明後日になりそうですが、こちらのレビューでは概ね評価が高いようで安心しました。
原作は派手さこそあまり無かったもののかなり好きなアニメでしたので今から到着が楽しみです。

ただ、唯一メーカー発表の商用写真を見た時からどうなるのか疑問に思っていたコクピット内部は
やはりこうなったか…という感じでちょっと残念でした。
例えばバンダイの超合金マクロスシリーズのパイロットフィギュアのように、
ポーズ固定でもいいのでコクピット内部に乗せられるスーツ姿のレド少尉ミニフィギュア的な
ボーナスパーツが付属したらなお良かったかなあと思います。

フローター起動時の球体パーツとかエフェクトパーツなんかとセットで
別売・通販限定とかでもいいのでパイロットフィギュアも出して欲しいです。
あるいは、もし今後ストライカーの商品化があるならその時にでもぜひ…と期待したいですね。

次のイ401も予約しました。原作は全く未見ではありますが、豪快にガバッと開いて変形する潜水艦?
戦艦?というネタにとても浪漫を感じます。変形が一部差し替えというのは今始めて知りましたが、
こちらも期待しています。ハイレベルな商品に仕上がるといいですね。

投稿: ウルシ | 2015年5月 2日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1997495/59842116

この記事へのトラックバック一覧です: GSA フルアクションモデル チェインバー:

« figma 天津風 | トップページ | DX超合金 VF-19 ADVANCE »